【作品紹介】CoderDojo 稲沢正明寺#15 オンライン開催しました

5月22日(土)にCoderDojo 稲沢正明寺の第15回目を開催しました。

当初は現地とオンラインの2会場で実施を予定していたのですが、愛知県に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、オンラインのみに変更しました。

現地でお申し込みいただいた方もいらっしゃったので非常に申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、お子様やメンターの健康を考えて判断させて頂きました。

引き続き、安心安全で、それでいてとても楽しいドージョー運営を心掛けていきたいと思います!

CoderDojo 稲沢正明寺の感染予防対策については、以下をご覧ください。

参加ニンジャ

今回参加してくれたニンジャ(お子様)は6名でした。何回も参加しれくれる子もいれば、今回初めて参加してくれた子もいました。

  • ニンジャ(オンライン)    6名
  • メンター(チャンピオン含む) 2名

またオンラインならではですが、稲沢市以外にも様々な地域から参加してくれました。

愛知県稲沢市、一宮市、蟹江町、そして大阪!

色々な地域の人と関わる機会を作ってあげられるのも、ドージョーの良いところなのかなと思ってます。

作品紹介

今回4人のニンジャが作品を発表してくれました!

ニンジャ①

まず最初は、何度かオンラインで参加してるニンジャが発表してくれました。

作った作品は、メクルン(下記リンク)に掲載されてる「シューティングゲーム」です。

https://mekurun.com/

メクルンは教材によって難易度がつけられているんですが、このシューティングゲームは「むずかしい」。

このむずかしいゲームにチャレンジしました!

そして完成したのが、下記のゲームです。

攻撃する側の杖と、敵(あいて)として鳥を登場させたんですね!

スペースキーを押すと、ボールが杖から発射。そして、そのボールが鳥に当たると、あいての体力がどんどんと減っていきます。

途中、「杖からボールが発射できない。すこしズレたところから発射される。」と質問を受けました。

いろいろとプログラムを見ながら相談したんですが、なかなか原因が分からない。プログラムも良さそうだし。

で、色々と杖を動かしてみると、決まって”ちょっと左から発射される”、という事が分かったんですね。

そこでコスチュームを確認すると、ボールが中心から少し左に寄ったところに描かれていることが判明!

だから、杖の左から発射されてたんですね。

実はこのあと紹介するブロック崩しゲームを作った子も、同じようにボールの中心がずれていたためにうまく動きませんでした。

なので、次に同じような質問を受けた時には、「コスチュームを見てみよう」とアドバイスするようにしようかなー。

という事で、無事に完成までもっていくことができました。

あとは、点数によってステージを変えたり、ゲームクリアと表示させたりすると、もっと幅が広がるかもしれませんね!楽しみ^^

ニンジャ②

次は大阪から参加してくれたニンジャです。

1年前コロナが広がり始めたときにオンライン開催を決断してから、ほぼ毎回参加してくれてます。

これまでも色々な作品を作ってくれましたが、今回は追跡ゲームを作りました。

ネコとネズミの2つのキャラクターを登場させて、動き回るネズミをネコを操作して捕まえよう、というゲームです。

そして、スコアが10点になると、ステージ(背景)が変わります。

途中、ステージ(背景)の変え方を質問してくれたので、背景を変えるためのブロックを教えてあげました。

教えるといっても、ドージョーではヒントを出すだけ、すべてを教えるわけではありません。

ただ、こちらのニンジャはほんの少しアドバイスしただけで、「分かった!」と言って、ちゃんと背景が切り替わるように仕上げてきました。

1年やってるだけの事はありますね!

あとは、時間がなくできなかったといってましたが、スコアによってレベルアップさせることも考えていたとのこと。

次回さらにバージョンアップさせた姿を見せてほしいです!

ニンジャ③

今回で2回目の参加になるニンジャです。前回は現地会場で参加してくれて、今回が初めてのオンライン参加。

Zoomの使い方に不安があるということで、事前に(1週間前に)Zoom体験会を実施しました。

そして、今回こちらのニンジャが作った作品は、メクルンに掲載されてる「ブロック崩しゲーム」です。

難易度は「むずかしい」。

これまでも何人かチャレンジしてくれたゲームなんですが、完成できなかった子もいました。

そんなむずかしい作品にチャレンジしました。

スタートすると、黄色のバーと青色のブロック、青色のボールが登場します。

そしてこのボールを黄色のバーで跳ね返しながら、ブロックを消していくんですね。

途中、うまくボールが動かないという質問を貰ったんですが、ニンジャ①と同じようにボールの中心が少し外れていました。

なので、そこを見直してもらうことで、なんとか時間内に作ることができました!

良かった良かった。

発表を聞いてたメンターさんからは、「ボールの形が真ん丸じゃないので、より動いている感じがするね」との感想がありました。

たしかに、ただの丸よりも躍動感のある動きになってますね。

そうすると、ステージ2とかを作ったときにボールの速度をちょっとあげて、ボールの形も変えるとよりリアルな感じになるかもしれませんね。

次にどんな感じにバージョンアップしてくれるのか、非常に楽しみな作品になりました!

Zoom体験会の話題を書きましたが、このドージョーではプログラミングだけでなく、パソコンやタブレットの使い方、ブラウザやPDFの開き方、そしてZoomの操作方法もレクチャーしてます。

色々なモノやコトに触れてみたい、そう思えるようなきっかけを提供できたら良いなというのが、このドージョーの想いだったりもします。

なので、今後もプログラミング以外の事も楽しみながら伝えていきたいですね(具体的な何かがあるわけではないですが)。

ニンジャ④

最後に発表してくれたニンジャで、今回初めて参加してくれました。

プログラミングの経験もないということだったので、メンターさんにブレイクアウトルームにて個別にサポートしてもらいました。

最初は基本のネコ歩き。

そしてその後に作った作品がこちらです。

さまざまな障害物の裏をネコが動き回ります。

ネコは結構素早く動きますw

そして、その素早いネコをマウスでタッチすると、

「つかまった」とネコがしゃべります。(「つかっまた!」となってるのは、愛嬌ですねw オリジナリティ!)

ネコが早いというのも難度が上がっている1つの要素ですが、他にも障害となるキャラクターを追加したり、ネコのサイズを小さくしたり、色々と工夫したみたいです。

レベル感を簡単に変えることができるのも、Scratchの良いところですよね。

今回初めて参加してくれたんですが、「楽しかった」という感想を言ってくれたので、こちらとしても非常に嬉しかったです。

さいごに

記念撮影(記念スクリーンショット)を取って、今月のドージョーは終わり!

今回も素敵な作品にたくさん出会うことができて、メンター陣もすごく楽しむことができました。

緊急事態宣言発令に伴い、今回は現地を中止しオンラインのみでの開催に変更しました。

ただ、外出が思うようにできない状況で、子供たちにオンラインという形で人と関われる場、楽しい時間を過ごせる場を提供できるのはいいなと感じました。

早く終息することをもちろん願っていますが、その時の状況に合わせて工夫しながら、考えながら最適な環境で楽しめる場を提供してきたいなと思います。

次回は6月27日(日)。次回も(おそらく状況の改善は難しいだろうと予想し)オンラインのみでの開催にします。

色んな地域の子供たちとプログラミングを楽しみたいなと思っているので、興味がある方はぜひご参加ください。

Follow me!

【作品紹介】CoderDojo 稲沢正明寺#15 オンライン開催しました” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。